これまでのツアー情報
2008年11月エルニド パラワン諸島
2008年11月22日〜30日まで
アバンセダイビングクラブでは エルニド パラワン諸島にてダイビングを行いました

エルニドのミニロック、ラゲーンは外部の村人達も立ち入ることが出来ない完全な リゾート地です。
特に韓国のハネムーンが 多いようです。ダイビングだけでなく時間のたつままのんびりと過ごせます。海も島々に囲まれているせいか 荒い波も無く とても穏やかです。
プライベートの飛行機なので ホテル宿泊でないとチケットのみは購入できません。
食事も豪華ですし(3食付) 夜は民族ショーもあり、アクティビティなどもいろいろ用意されております。
そして美しい島々は見るものを 圧倒させ心のやすらぎには最適です。

特にラゲインの水上コテージは新しくそこから見る景色はとてもすばらしいものです。

初めに ミニロックに到着滞在4日間 その後 ラゲーンに移動して3日間
合計10本のダイビングを いたしました。


●アクセス
エルニドはマニラから南西に430km、パラワン諸島の北部にある。
マニラから19人乗りのリゾート専用機でエルニド空港へ。
ここからバンカボートに乗り換えて約1時間で着きます。


参考HP


ミニロック・ラゲーンそれぞれのホテルでのショー

エルニド空港

これでも 管制塔、役目を果たします

空港まで バス(ジムニーで行きます)

お出迎え

もろこなど大物もいます
パラワンの魚達 パラワンの魚達
ミニロック
水上コテージ

ミニロック
水上コテージ

ラゲーンの水上コテージ

ラゲーンの水上コテージ

ラゲーンの水上コテージ

ラゲーンはなぜか西伊豆の海に似ている

水上コテージの入り口

レストランと海辺のバー

レストランと海辺のバー

ラゲーンのホテルのプール

さまようオオトカゲ、食べるとおいしいそうです

ラゲーンのホテルの内海

群れる魚

もろこなど大物もいます

カスミアジ 浅瀬の桟橋に群れでおります。

穏やかな海と島々
2006年9月モルディブダイビングツアー
場所はインド洋の東西に80K〜120K南北に860K赤道をまたいで南北に 細長い群島国です。
モリディブ共和国(首都マーレ)日本からスリランカ航空でコロンボ経由と直通便があります。
時間は13時間かかります。
新婚旅行のカップル かなりお見えになられております。
時差は4時間 日本が昼12時の時は 朝の8時になります。

船はソレイユ号、に乗船して(サファリ)船上で生活をしながら各、ダイビングポイントを回ります。(南マーレサンゴ礁)インストラクターはスイス人、日本人、モリディブ人とおります。

5月〜10月は雨季 若千透明度が落ちますが潮の流れも安定しております。
それでも、かなりの流れがあります。
ダイビングの条件は 100本以上の経験がありませんと船には乗せてくれません。
50歳以上の方は200本以上30m以上潜ることは禁止されております。
船から見るリゾート ソレイユ号 ソレイユ号
メンバー集合

2006年3月パラオ ドリフトダイビングツアー
パラオ共和国 赤道よりやや北に位置するパラオ
200あまりもの美しい島々、そして海底まで見渡せる透明度50mのコバルトの海 パラオの海を見た者を魅了し陶酔せずには入られない美しさです。

パラオは大小さまざまな、島から成り立つ南北800kmにわたる諸島で、グアムの南西1100km、フイリピンの東800kmに位置しています。

1914年から約30年間日本が、統治しておりました。島の名前も、日本の兵隊さんがつけたのか、鯨島など日本の名前の島があります。

成田よりJALで4時間半 直行便があります。
時差は日本と同じ(なし)通貨は US$、ビザは不要です。

ポイントは 世界でも3本指に入るほどの人気です。
パラオの港より 高速艇で約1時間
クルーザー船で宿泊いたします。
食事は、和、洋、中華、フイリピンのバイキング
一日のダイビングは 朝から7時、10時、1時、4時、そして夜8時のナイトダイブです。
パラオ港より小島を縫って走ります。 PLAAUSPORT (クルーズ船) ダイビングボートから見るクルーズ船
クルーズ船から見る夕日 ナポレオン ナポレオン(1m50p位)
こうもりスープ、とても美味 こうもりの肉は牛のコンビーフと同じ味がします。 こうもり、いただきます。

2005年10月モアルボアルダイビングツアー
ボアルモアルの行きかた
成田→ セブ島 PR433 PM2:30 発 PM6:30着
セブマクタン空港より車で約2:30〜3:00
車は飛ばすので1泊(マクタン)して次の日の朝に出かけたほうが安全です。
あまり海が荒らされていないのできっと満足できます。

2005年5月ボホール島ダイビングツアー
2005年4月28日から5月4日まで アバンセではボホール島ダイビングツアーを行いました。
二段目からの写真は竹之内様からの提供です。

今回同行しました 竹之内さんに鶴さん

透明度の良いボホール バリカサグのさんご礁

広いボホールの海岸

Sea Explorers インストラクター 絵里子さん

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ギンガメアジ

ネムリブカ(White-tip)

バラクーダー

アオウミガメ

ドクウツボ

ニシキテグリ(Mandarin-fish)
2005年4月南アフリカ・ケープタウン・ダイビングツアー
南アフリカ ケープタウンにダイビングに行きました。
たくさんのアシカが 目の前を泳いでいきます。


2005年2月ゼブ島ダイブングツアー
2005年2月23〜3月1日までセブ島でダイブツアーを行いました。
2月25日ダイブを終え寄港中、船尾がさわがしくボートマン達がシャーク、シャークと大声で叫んでいます。すぐに向きを変え、猛スピードで追っかけました。ジンベイザメの大きさ4〜5m位か見えました。近くまで来ると逆にこちらの船の方に突進してくるようです。波間から三角の背びれを出し向かってきます。即カメラを出し、シャッターを切りました。
勇敢にも、パラダイズゴビー二瓶氏が海に飛び込み、カメラを渡し、少しですが撮影ができました。
(残念、こんな時に限ってメモリーの容量が少ししか残っていない。)
ダイバー連中、夜はその話で相当に興奮してたようです。5年に1回くらいしか遭遇しないそうで運が良かったようです。なかなか撮影できないそうです


2004年6月波照間島&石垣島ツアー
珊瑚礁 波照間島から石垣島へ行くプロペラ機8人乗り。
一人ひとり体重を計ります。
石垣島マンタの回遊
その日は3頭のマンタが頭の上を回遊
民宿いしの荘
船長石野新吉はてるま島ダイビングサービス アバンセと提携いたしました。
日本最南端・波照間島の夕日

2004年5月GWボラカイツアー

2004年4月セブ島・ボラカイ島
ボラカイ島写真 島から、飛行機から、ボートから撮りました。のんびりしたところです。しばし、時間がたつのを忘れてしまいます。
プロペラ飛行機Asan   マニラ→カティクラン1時間で着、日本の YS-11機 も使われております。
カティクランより ボートで 20分 ボラカイ島着

 ページTOPへ 
株式会社アバンセ 埼玉県春日部市藤塚1516 TEL048-731-2875
info@avance-group.co.jp
Copyright 2000-2008 Avance.co.,Ltd. All Rights Reserved.